趣味と仕事の境界線・・・・・・

困ったこと・調べたこと・勉強したこと・興味の湧いたこと。今蒔く種が未来となるように。

マネージャになって「ナルハヤ」の呪文を封じられて困った話

photo by Freaktography

Web業界に巣食う「ナルハヤッチ」というモンスターの存在を噂に聞いた。

業務を急かすモンスター 「ナルハヤッチ」が現れた! | A.C.O. Journal

これを読んで思い出したのが、以前に「ナルハヤ」の呪文を封じられたことでレベルアップしたマネージャ職の某氏の話。

システムチームができあがってマネージャを任された某氏であったが、経験値もなくレベルも低いため十年一日の歩みで進む日々、そんな中で奇跡的にチームにジョインしてくれた万能の大賢者(スーパー変態エンジニア)のおかげでチームは日に日にレベルアップすることに。

しかし、レベルアップするのはチームのメンバーばかりではなかった。

マネージャの某氏が若さ故の過ちで覚えてしまった「ナルハヤ」の呪文を唱えようものなら、大賢者様が光の速さでツッコミを入れる。

「ナルハヤっていつですか?(ナニソノアイマイナシジ?)」「どのくらいの重要度でいつまでに何が必要なんですか?(グタイテキニテイリョウテキニ!)」「急ぐ理由は?(イソガサレテルダケデシュタイセイガナイノデハ?)」「それにより影響を受けるものとの優先順位は?(プロジェクトマネジメントデキテルノ?)」「そもそも『ナルハヤ』って・・・マネージャの仕事してください(アキレテモノモイエンワー)」等々の呪文を背後から容赦なく打ち込んでくる。

そして、無事に生き延びて戦闘が終わるとレベルアップしているというファイナルファンタジーⅡのような仕組みで育てられた某氏。

おかげさまで2年ぐらいでマネージャ業のスキルを叩きこまれて、当然のように他社や友人知人が声をかけてくれるようになって、「自分なんて何の価値もない・・・」みたいな卑屈な根性が矯正されるというオマケまで付いてきたそうです。

教訓:ナルハヤって言って許されるのは小学生まで。そして、許してくれる相手は家族と友人知人まで。会社で使ったらリストラの街へバシルーラされちゃうよ!

というわけで、今日もやはり全くもって何も困っていないブログでした。